ブリトニー・スピアーズ、スーパーボウルのハーフタイムショーに再び出演?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブリトニー・スピアーズが17年ぶり、自身にとって2度目となる来年度のスーパーボウルのハーフタイムショー出演に向けて「極秘で話し合い」を進めているようだ。

ブリトニーは来年2月4日ミネソタ州ミネアポリスのUSバンク・スタジアムにて開催されるNFLの優勝決定戦ハーフタイムショーでのパフォーマンスについて、テレビ及び広告関係の幹部らと話し合いを設けていると報じられている。

ブリトニーは高評価のラスベガス、プラネット・ハリウッド・リゾート・アンド・カジノ、AXISでの常設公演『ブリトニー:ピース・オブ・ミー』によって2013年12月からライブ活動に復帰しており、同公演は今年12月に終了することが決定している。

ある関係者はニューヨーク・デイリーニュース紙に「ブリトニーはスーパーボウルでのパフォーマンスは夢であると自身のチームにも伝えています。必要十分なヒットもあり、ヘッドライナーとして申し分ないです」とコメントした。

2001年にブリトニーはMTVがキュレーションを行ったハーフタイムショーの一員としてエアロスミスと彼らのヒット曲『ウォーク・ディス・ウェイ』に参加しており、そのショーにはインシンク、メアリー・J. ブライジ、ネリーも出演していた。また情報筋によると、来年この12分間のパフォーマンスにブリトニーは他のアーティストと共演するのではないかとも言われている。

昨年夏にも、ブリトニーはインタビューでスーパーボウル参加に興味はあるかと聞かれ「そうね、やってみたいわ」と答えていた。

2017年にはレディー・ガガが同イベントにて1億5千万人の視聴者にパフォーマンスを行った一方、2016年にはコールドプレイがブルーノ・マーズ、ビヨンセをゲストにそのステージに立ったところだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop