アレクサンダー・スカルスガルド、アレクサ・チャンと破局

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アレクサンダー・スカルスガルド(40)がアレクサ・チャン(25)と破局した。2015年から破局と復縁を繰り返していた2人だが、遂に別れを決めたようで、アレクサンダーはすでに友人たちによって、レオナルド・ディカプリオの元恋人として知られるモデルのトニ・ガーンを恋人候補として紹介されたと言われている。

ある関係者はそのお見合いデートについてこう語る。「2人が会ったのはその時が初めてでした。共通の友人がセッティングしたんです。トニは緊張していて、女友達を2人連れてきていました。アレクサンダーの自宅で昼食をとって、その後みんなで出かけていましたね」

しかし、お互いに一目ぼれということはなかったようで、2度目のデートが実現するかは分からないようだ。前述の関係者はニューヨーク・ポスト紙のページ・シックス欄に「すごく気が合ったとは言えませんでした。2度目のデートという話はないかもしれません」と続けた。

しかしトニの広報はその話が「事実無根」だとしており、トニがアレクサンダーと会ったのかどうかについても確認されていない。

しかしアレクサンダーがアレクサと一緒に姿を見かけられたのは5月が最後となっており、同月にアレクサは交際に恐怖感を抱いているとあるインタビューの中で明かしていた。当時アレクサは「私は交際を病的に恐れているの」「誰かから『ご飯でも食べに行かない?』って誘われると『それってデートなの?』って聞いちゃうくらい。だいたい相手は面白い人で分かってくれるから『違うよ』って言うの」と語っていた。

昨年行われた『ターザン:REBORN』のロンドンプレミアには揃って登場していた2人だが、アレクサンダーは以前、自身が恋愛だけでなく人間関係全般において情熱的なタイプだと明かしていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop