マドンナ、自身の個人的な所有物競売中止を要請

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マドンナが以前所有していた「個人的な」品の「無礼で極めて不快な」オークションに対し、裁判所が競売中止を言い渡した。

競売会社ゴッタ・ハブ・イット!コレクタブルから自身の使用済みの下着や40万ドル(約4500万円)相当になると予想される2パックからの手紙、自身の髪の毛が付いたへアブラシなどが出品される予定であったことに対し、裁判所に緊急の競売差止め要請を申し立ていたのだ。

裁判書類の中でマドンナは、2パックからの手紙が自身のもとから失くなっていたことも知らず、ファンが競売にかけられる品から自身のDNAを抽出できる可能性もあることに非常に不快に感じると綴っている。「私がキャリアの成功の結果手に入れたセレブリティーというステイタスは、極めて個人的な物に関してを含めプライバシーを守る権利というものを未然に防ぐことができません」「私の髪の毛からDNAを抽出できる可能性もあります。自分のDNAが一般の人々向けにオークションにかけられるなんて無礼だし極めて不快なことです」「シャクール(2パック)の手紙がオークションにかけられるということを聞いてとても驚き、シャクールの手紙を自分自身が所有していないということも知りませんでした」

マンハッタン州最高裁判所判事ジェラルド・リーボヴィッツ氏は今月19日(水)に行われる予定であったオークションから個人的な手紙や未発表曲が収録されたカセットテープ、マドンナのマイアミの自宅での「独身お別れパーティー」で撮影されたプライベートな写真を含む22品の出品を取り下げるよう命じている。

裁判書類の中でマドンナは、今回の競売には「元友達」であり自身の元アート・コンサルタントであったダーリーン・ルッツ氏が絡んでいるとし、これらの品々をマドンナ本人が自宅にいないときに泊まりの来客として自宅を訪れるなど様々な状況から入手したのだと述べている。

これに対しルッツ氏の代理人ピート・シーゲル氏と競売会社は「無根拠、無価値である」とし、裁判で争う姿勢を見せており、ピート氏はニューヨーク・ポスト紙、ページ・シックス欄に「マドンナと彼女の法律関係者らがルッツ氏の資産の売却の一時的な差止めのため、無根拠で無価値な行動をおこしています」「マドンナの申し立ては法廷上、著しく挑戦的で異論の余地あるものです。これらの品々のオークションが再開されることを確信しています」とコメントしている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop