ヘイリー・スタインフェルド、「トランスフォーマー」スピンオフで主役へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘイリー・スタインフェルドが「トランスフォーマー」シリーズのスピンオフ作品『バンブルビー』で主役を務めることになった。同シリーズ5作品で監督を務めてきたマイケル・ベイはシリーズから退くが、パラマウントと著作権を保持している玩具会社ハズブロが、人気のオートボット、バンブルビーを主役にしたスピンオフ作品を製作しているところで、今回同シリーズのプロデューサーであるロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラはヘイリーを主役に迎えたと明かした。

ボナヴェンチュラはデン・オブ・ギークとのインタビューでこう語った。「一週間後には撮影を開始するよ。(今年6月に公開開始され、日本では8月4日公開予定の)『トランスフォーマー/最後の騎士王』が封切られるずっと前からこの撮影を行うって決めていたんだ」「僕たちは観客に違った体験をお届けしたかったんだ。『バンブルビー』はより親密な感じの作品になるよ」「僕たちが実現させようとしていることは、ちょっと大袈裟かもしれないけどラブストーリーを届けることで、バンブルビーと主役のヘイリー・スタインフェルドが成長する様子を描くつもりさ」

バンブルビーは2007年公開のシリーズ第1弾『トランスフォーマー』に登場し、サム・ウィトウィッキー(シャイア・ラブーフ)をディセプティコンから守る黄色いオートボットの姿はたちまちファンの間で人気を博した。

『バンブルビー』はクリスティーナ・ホドソンが脚本を、『クボ・アンド・ザ・トゥー・ストリングス』でメガホンを取ったトラヴィス・ナイトが監督を務める予定だ。ナイトにとって、実写映画を手掛けるのは今回が初となる。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop