マーゴット・ロビー、夫と新作SFスリラー作品をプロデュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マーゴット・ロビーとトム・アッカーリー夫妻が新作SFスリラー作品『オグメンティッド』の製作を手掛けるようだ。ハリウッド・リポーターは、マーゴットの製作会社ラッキーチャップ・エンターテイメントがワーナー・ブラザースとディ・ノヴィ・ピクチャーズと共同で同作のプロデュースを担当すると報じている。

マーク・タウンエンドによる同作の脚本は、ハリウッド業界人が選ぶ未映画化の優秀脚本ランキング「ザ・ブラック・リスト」に2016年度ランクインを果たしており、高額の値段で売却されていたが、内容の詳細については未だ明かされていない。

そんなマーゴットは昨年、ワーナー・ブラザースとファーストルック契約を結び、その中の最初のプロジェクトとして『ゴッサム・シティ・サイレンズ』に出演し、さらにエグゼクティブプロデューサーも務める予定だ。

DCコミックスの女性キャラクターたちをメインに描くスピンオフ作品『ゴッサム・シティ・サイレンズ』で、マーゴットは『スーサイド・スクワッド』で演じたセクシーな悪役ハーレイ・クイン役を続投することになっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop