カルヴィン・ハリス、5年連続DJ長者番付トップに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カルヴィン・ハリスが5年連続で世界で最も稼ぐDJとなった。昨年の推定年収6300万ドル(約69億円)を大きく下回る4850万ドル(約53億円)となったものの、未だフォーブス誌によるDJ長者番付のトップの座を退かない結果となった。カルヴィンの収入の主な割合を占めているのは、ラスベガスの常設公演、フェスティバルでのパフォーマンス、さらにケイティ・ペリーやファレル・ウィリアムスらを迎えたシングル『フィールズ』のヒットなどだとみられている。

カルヴィンに続いては、ティエストが3900万ドル(約43億円)で2位、アレックス・ポールとアンドリュー・タガートからなるデュオ、ザ・チェインスモーカーズがコールドプレイのクリス・マーティンとタッグを組んだ『サムシング・ジャスト・ライク・ディス』や、ホールジーとコラボした『クローサー』などのヒットにより大躍進し3800万ドル(約42億円)を稼ぎ3位につけた。

新たにランクインを果たしたのは、白いマシュマロ型の被り物でのパフォーマンスが話題のDJマシュメロで、精力的にツアーをこなし2100万ドル(約23億円)で8位となった。たった2年で確固たるイメージを築き上げたマシュメロだが、マネージャーによれば「我々は顔のないブランドを作っている」のだという。

他にも7位につけたデヴィッド・ゲッタは過去12ヶ月の間に世界中で100あまりの公演をこなし、リアーナ、シーア、アッシャーといった大物とのコラボがランク入りの要因であると考えられているが、自身は「始めた頃は僕らの音楽はアンダーグラウンドだったのにね」「DJの音楽がラジオで流れるなんてありえなかったよ」とコメントしている。

フォーブス誌によるDJ長者番付トップ10

1.カルヴィン・ハリス 4850万ドル(約53億円)

2.ティエスト 3900万ドル(約43億円)

3.ザ・チェインスモーカーズ 3800万ドル(約42億円)

4.スクリレックス 3000万ドル(約33億円)

5.スティーヴ・アオキ 2950万ドル(約32億円)

6.ディプロ2850万ドル(約31億円)

7.デヴィッド・ゲッタ 2500万ドル(約28億円)

8.マシュメロ 2100万ドル(約23億円)

9.マーティン・ギャリックス 1950万ドル(約21億円)

10.ゼッド1900万ドル(約20億円)

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop