ジョシュ・ブローリン、ジェームズ・キャメロン監督と仲たがい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョシュ・ブローリンはジェームズ・キャメロン監督作『アバター』への出演依頼を断ってからというもの、キャメロンとの確執が生じてしまったそうだ。ジョシュに出演依頼を断られたキャメロンはハリウッドでジョシュの悪口を言い始めたようだが、ジョシュは「もし俺が『アバター』に出たくなかったら、出るつもりはないよ」とコメントしている。

キャメロンはジョシュからの断りを受け入れようとせず腹を立ててしまったようで、ジョシュはキャメロンが自身のことを中傷して周っているとエスクァイア誌に明かした。「ジェームズ・キャメロンは俺のことで色々と陰口を叩いているよ。どうでもいいけどね」「もしジェームズ・キャメロンが俺のところに来て『おい、なんで断ったんだ?』って聞いてきたら、『ただ断っただけさ』って答えるだろうね」

そんなジョシュは現在、ライアン・レイノルズと共にカナダのバンクーバーにて、ケーブル役を演じる『デッドプール2』の撮影中で、とても楽しんでいると続けた。「今はより楽しんでいるよ。これまでの人生と比べても、今の方がより演技に集中している感じだね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop