アヴリル・ラヴィーン、順調にライム病から回復中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アヴリル・ラヴィーン(32)は現在「とてもいい状態」にあるようだ。ライム病を患っているアヴリルはより強くなっていると実感し、以前よりエネルギーにみなぎっているという。ある関係者は「アヴリルは今とてもいい状態です。回復も順調で、さらに強くなっていますよ。前よりも元気でエクササイズなんかもしているんです」と明かしている。

さらに上の関係者は、アヴリルとプロデューサーのJ.Rに恋愛の可能性があると続けた。「J.Rはアヴリルが一緒に仕事しているプロデューサーです。音楽業界では尊敬されている存在ですよ。最近2人は一緒に出掛けるようになったのですが、明らかにいい感じですね。2人とも音楽に情熱を持っていて、数回出掛けただけですが、恋愛に発展する予感がします」

そんなアヴリルは今年中には新作をリリースするとみられている。他の情報筋はE!ニュースに「今年中には新作をリリースするはずです。制作に時間がかかっているんです」「アヴリルは自分で作曲しますが、結婚や病気など多くを乗り越えているところです。なので打ち明けることがたくさんあるんです」と話している。

昨年12月には、アヴリル自身が今年に新作アルバムをリリースする予定だと発表していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop