レオナルド・ディカプリオ、新作映画でレオナルド・ダ・ヴィンチ役

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レオナルド・ディカプリオが新作映画でレオナルド・ダ・ヴィンチを演じるようだ。ウォルター・アイザックソン著の『レオナルド・ダ・ヴィンチ』を基にした同新作映画は、パラマウントが多額の入札金額を提示してユニバーサル・ピクチャーズを抑え、製作権を獲得している。

デッドラインによると、ディカプリオは同作で主役を演じるだけでなく、ジェニファー・ダヴィッソンと共にプロデュースも担当するという。また複数の関係者がパラマウントが同作の製作権を得るに至ったのは、同会社製作統括エリザベス・ラポソの尽力によるものだと明かしている。

ディカプリオの母親はディカプリオを身ごもっていた1974年、イタリア、フィレンツェにあるウフィツィ美術館でダ・ヴィンチの絵画を見ていた際お腹にいた赤ちゃんが初めて動いたのを感じたため、生まれた子をダ・ヴィンチにちなんでレオナルドと名付けたという。

2016年日本公開作『レヴェナント: 蘇えりし者』でアカデミー賞主演男優賞を獲得しているディカプリオは、今後マーティン・スコセッシ監督による『ザ・ブラック・ハンド』『キラーズ・オブ・ザ・フラワー・ムーン』の2作品に出演する予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop