リアム・ペイン、ロンドンの道端でバスキング!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リアム・ペインが14日(月)にロンドンの道端でバスキングし、道行く人々を驚かせたようだ。リアムはシングル『ゲット・ロウ』でコラボしたゼッドと共に路上で同曲を演奏し、ゼッドが背負ったバックパックにプラグをつないだ小さなキーボードで演奏するなか、リアムが歌うというパフォーマンスを披露した。

リアムとゼッドはパフォーマンスに先立って、ソーシャルメディア上で秘密のギグが行われる予定だとほのめかしており、2人が車の中で歌っている動画をインスタグラムにアップしていた。

さらにオックスフォード・サーカスでのパフォーマンスに続き、ゼッドはもう1か所近くの場所に移動するとツイートしていた。「ロンドン。リアム・ペインと僕はトラファルガー広場に向かって、『ゲット・ロウ』の面白い演奏を披露するよ。あと10分で到着さ!みんな来てね」

そんなゼッドは最近、リアムとの同コラボ曲について「リアムはこの曲に魂を吹き込んで、大きな影響を与えてくれたんだ」とコメントし、リアムを賞賛していた。

一方のリアムは、自身が所属する現在活動休止中のワン・ダイレクションに関して、2015年にリリースされたアルバム『メイド・イン・ザ・A.M.』のツアーを催行する前に活動休止となってしまったため「再活動しなければならない」と考えていると語っていた。「将来的にはいつか再活動することになると思うよ。しなければならないからね。だってアルバムは出したけど、ツアーに出ることもできなかったんだから。それにメンバーたちと一緒にもっと曲を作りたいんだ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop