インドのムンバイで青い犬が続出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インドのムンバイで青い犬が次々と目撃されている。地元住民がその異様な姿に驚きを隠せない中、原因は近郊の川に廃棄された有毒廃棄物による汚染水を飲んだことにあるのではないかと言われている。

野良犬たちは1000棟にも上る工場が立ち並ぶその川に食料を求めてやってきた後、その汚染水の中で泳いだりしたことで青く染色されたのではないかと見られている。

地元の動物愛護団体はこの状況に衝撃を受けており、「我々はこの地域で約5匹の青い犬を目撃しました。そして環境汚染管理委員会にそのような事態を招く企業に対して行動を起こすように依頼しました」とコメントしている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop