デミ・ロヴァート、ホールジーとのコラボを熱望

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デミ・ロヴァートがホールジーとのコラボを熱望している。デミは『ナウ・オア・ネヴァー』で知られるホールジーと将来的にコラボをしてみたいそうだが、新作アルバムには現在のところ他アーティストとのコラボ作は収録されていないことを明かした。

『エンターテイメント・トゥナイト』に対してデミは「私はホールジーと是非何か一緒にやってみたいわ」「実際のところ、私のアルバムにはまだ何のコラボも含まれていないの」と答えている。

しかしデミは近日発表予定だとするその新作アルバムに他のアーティストとのコラボ曲を収録することを望んでいるそうで、「今回のアルバムはよりソウルに満ちた感じなの」「コラボもあると思うわ。ただ今は方向性が決まっていないの。私の音楽はR&Bやソウルよりになっているけど、あとは発表されてからのお楽しみね」「リリースはもうすぐよ。みんなが思っているより早くなることを願言っているわ」と語っている。

最近ニューシングル『ソーリー・ノット・ソーリー』をリリースしているデミは、その曲が自身が幼い時に経験したいじめをテーマにした歌だと説明している。「この曲に込められたメッセージは憎む人たちに向けたものよ。多くの人は恋愛をテーマにしたものだと思っているみたいだし、そう捉えられる人もいるかもしれないけど、私にとっては違うの。私は中学時代に経験したいじめについての曲を書いたことがなかったから。それがあまりにもひどかったから私は普通の学校を退学してホームスクーリングを始めることになったの」「とにかく気分が良い曲なの。悪く思ってなくてごめんなさいっていう意味のタイトルが初めに浮かんで、そのコンセプトから曲を書いたの」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop