ジャスティン・ビーバーのシングルが解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャスティン・ビーバーの新曲『フレンズ』がリリースされた。今週初めにニューシングルリリースの発表をしていたジャスティンだが、ブラッドポップとのコラボ曲である同曲がついに解禁となり、同曲はアップビートなテンポに乗せて過去のパートナーと友達でい続けたいという内容となっている。歌詞では「君は僕が何で電話をかけてくるのかって不思議がってる。何か隠された目的があるんじゃないかって疑いながら」「確かに僕たちの終わり方はよくなかった。でも僕たちには素晴らしいこともあったじゃないか」と歌われている。

ジャスティンとブラッドポップのコラボは過去にも『ソーリー』で実現しており、今回の『フレンズ』は2015年にリリースされたジャスティンのアルバム『パーパス』以降初のシングルとなる。

同新曲のリリースは今週初めジャスティン本人のインスタグラム及びツイッター上で発表され、枝の上で2羽の鳥が1匹のミミズを食べようと争っている姿が描かれ、黄色く「フレンズ」と記されたアートワークと共に「新曲。木曜正午」とキャプションが付けられていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop