マーティン・スコセッシ監督、ジョーカーの映画を製作!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マーティン・スコセッシ監督がバットマンの宿敵ジョーカーを主題にした映画製作に加わる予定だという。

スコセッシ監督は「ハングオーバー!」シリーズのトッド・フィリップス監督と『8Mile』の脚本などで知られるスコット・シルバーからなるプロダクションチームに参加するもようだ。

デッドラインの報道によるとワーナー・ブラザースとDCはこの「バットマン」シリーズ、スピンオフ企画の準備段階にあり、未題なもののジョーカーへの焦点は初の試みとなる。あらすじは明らかになってないが、ジョーカーの出生秘話に焦点を絞った今までのバットマンとはまるで違うものになる予定で、1980年代前半のゴッサムシティーを舞台にした「ざらついて地を這うような」映画となる噂だ。

一方、『スーサイド・スクワッド』続編でジョーカーを演じる予定のジャレッド・レトは今回スコセッシのプロジェクトには参加しないという。『タクシードライバー』『レイジング・ブル』と映画史の中に傑作を残しているスコセッシ監督だけに今回のジョーカーの映画はいつものDCコミックの映画とは趣の違ったものになりそうだ。

他にもマーベル映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのネビュラ役でおなじみのカレン・ギランがDC映画について聞かれた際、女性ジョーカーで参加したいと明かし、いつでも準備はできていると語っていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop