ジュディ・デンチ、再婚の予定はなし!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジュディ・デンチ(82)が年齢のこともあり、再婚はしないことを明かしている。2001年に夫マイケル・ウィリアムズを亡くし、現在は自然保護活動家のデイヴィッド・ミルズと交際中のジュディだがグッド・ハウスキーピング誌にて「デイヴィッドはプロポーズなんてしないわよ。無理無理。一緒にいるだけで満足。年齢を考えてよ」と話した。

またジュディはデイヴィッドと一緒にいることができて幸せなものの、人々が自分のパートナーとしてデイヴィッドを認識していることに我慢がならないようだ。「適した言葉が見つからないけど『パートナー』って言葉が好きじゃないの。ダンスの相手みたいじゃない?嫌な言葉よ。友達?恋人?男?どれも変ね」「ある暑い夏の夜の日だったけど、一緒に泳いだ後、庭でシャンパンを傾けてたの。『最高』って口に出しちゃったわ。私がロマンティックだったらもっと冷静で落ち着いていられたんだと思うけど、興奮しすぎちゃうのよ」「笑うことが大好き。ユーモアのセンスって何にもまして魅力的でしょ。必要不可欠なものよ」

さらにジュディは、マイケルとの30年の結婚生活の間に娘で女優のフィンティ・ウィリアムズをもうけているが、実は大家族に憧れていたことも明かしている。「もっと子供がいたら良かったなって思うわ。6人ぐらいは計画してたのにね。でも1人っ子のおかげで、フィンティと私はとても近しい間柄よ」

また、ジュディは来月22日全米公開の『ヴィクトリア・アンド・アブダル』で共演したティム・ピゴット=スミスが今年4月に70歳で亡くなった際、自身の死を考えるきっかけになったとし「ティムは大の友人だった。なのに突然いなくなってしまったわ。私は怖くなったどころか本当にがっくりときてしまったの」と告白していた。

そんなジュディは女優の役自体の質は以前よりも向上しているものの、男性との賃金格差については「給料は全く平等になる気配がないわ。全然ね。いくら声高に叫んでも一蹴されてしまうの」と苦言を呈してもいた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop