エヴァンジェリン・リリー、『アントマン』続編ワスプ役の衣装をお披露目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エヴァンジェリン・リリー(38)がファンに新作『アントマン・アンド・ザ・ワスプ』で着ているコスチュームを初披露した。2015年製作のマーベル映画『アントマン』でホープ・ヴァン・ダイン役で出演したエヴァンジェリンだが今回の続編でも引き続き、ポール・ラッド演じるアントマンの側近として同役を務めている。28日(月)には本人のインスタグラム上でアントマンの原作者ジャック・カービーに追悼を示し、「このキャラクターに命を吹き込み創造したアーティストを祝福すると共に、今日の撮影現場でワスプを演じることが出来て本当に光栄です。今日100歳の誕生日を迎えるジャック・カービーとワスプに万歳」と綴った。

原作者の一人、カービーはスタン・リー、ラリー・リーバーと共に初代ワスプである、ホープの母ジャネット・ヴァン・ダインを作り上げ、このキャラクターは1962年の1月『マーベル・コミック・テイルズ・トゥ・アストニッシュ』第27号で初登場した。

同新作映画ではこの初代ワスプ、ジャネットをミシェル・ファイファーが演じ、その夫でホープの父でもあるハンク・ピム役をマイケル・ダグラスが『アントマン』から引き続き演じているという。コミックの中でジャネットはアベンジャーズのオリジナルメンバーでもあり、夫ハンクが引退した後もスーパーヒーローを続けていたが、ある時別の次元へと行方不明になり死亡したと仮定されていた。ペイトン・リードが監督を続投している同新作は来年7月公開を予定している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop