カーダシアンファミリー、ハリケーン被害に5000万円以上の義援金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カーダシアンファミリーが、アメリカテキサス州を襲ったハリケーン・ハービーの被害に対し50万ドル(約5500万円)の寄付をしたことがわかった。

家長であるクリス・ジェンナーは、娘のキム・カーダシアン・ウェスト、コートニー・カーダシアン、クロエ・カーダシアン、ケンダル・ジェンナー、カイリー・ジェンナーらと共に今回のハリケーン被害に対しできる限りの援助を約束するとツイッターで明かしていた。「娘たちと私はヒューストンでのハリケーン被害者支援のため、50万ドルの寄付をしました」

また、ビヨンセも今回の事態に際し、「人命救助のため最大限の努力を」として声明を出している。

「私の心は今故郷ヒューストンと共にあります。今回被害に遭われた方々や、救助活動を懸命に続ける救助隊の皆さんのために祈りを捧げます」

さらにコメディアンのケヴィン・ハートは、自身のインスタグラム上でセレブリティの友人たちに向けハリケーン・ハービー・リリーフ・チャレンジの呼びかけを行うとともに、自らも5万ドル(約540万円)の寄付を約束している。「とても深刻な事態だ。僕もこのハリケーン・ハービーについての最新情報を追っているところだよ。全く信じられない状況だ」「これまでインターネット上で流行した様々なチャレンジに参加してきた。意味のあるものないもの全てね。今回僕は本物のチャレンジを始めようと思うんだ。僕のセレブリティの友人たちに向けて、赤十字を通じてハリケーン・ハービーへの義援金2万5000ドル(約270万円)を募ろうと思っている」「これはかなり悲惨な状況だよ。今も体調を崩して助けを求めている人々がいる。僕は今回のチャレンジの挑戦者として、ザ・ロック、スティーブ・ハーベイ、クリス・ロック、デイヴ・チャペル、ジェイ・Z、ビヨンセ、ジャスティン・ティンバーレイク、ジェリー・サインフェルドに声を掛けるよ。チャレンジを実行したら誰かをタグ付けして必ず次につなげること」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop