リル・ウェイン、複数の発作で入院していた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リル・ウェインが先週末、複数の発作に襲われ入院していたようだ。てんかんを患うウェインは滞在していたシカゴのホテル、ウェスティン・ミシガン・アベニューの一室で意識不明となっているのを発見され、搬送先の病院でさらなる発作に襲われたことを受け、3日(日)にラスベガスで予定されていたコンサートを中止した。

複数の情報筋がTMZに語ったところによれば、ウェインのスタッフはクロムウェル・ホテルのドライズ・ビーチクラブで行われるはずだったそのショーに出演させようと同日午後に退院させようとしたものの、以前機内で発作を起こした経験のあるウェインがこの状態で飛行機に乗るのは危険だとして医師団から反対されたという。

代理人はウェインが現在は退院し、療養中であると発表している。インスタグラムへの発表ではこう記載されている。「予期せぬ事態により、リル・ウェインはクロムウェル・ホテルのドライズ・ビーチクラブで予定されていた今夜のパフォーマンスをキャンセルさせていただきます」「その代わりにT.I.がDJフランゼンと共にステージに立ちます」「我々はアーティストの健康を最優先します。ドライズのみなさんもリル・ウェインが早く回復することを願って下さっています」

2013年に入院したことでファンに衝撃を与えたウェインは、その後にてんかんを患っていることを公表していた。そして2016年には、ウィスコンシンからカリフォルニアに向かう機内で発作を起こし、緊急着陸を要するに至っていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop