マイケル・ジャクソンの次男が歌手デビュー?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイケル・ジャクソンの次男であるブランケット(15)が、ポップスターとなる大きな可能性を秘めているようだ。マイケルの兄でブランケットの伯父であるティトによれば、ブランケットはすでに音楽スターに必要な才能と情熱を見せているという。

「ブランケットにはミュージシャンとなる可能性が十分にあるよ。とても意志の強い子だからすごい存在になるだろうさ」とティトは語る。

最近では姉のパリス(19)が人気絶頂のモデルとして活躍しているところだ。その一方でパリスは先日開かれた MTVビデオ・ミュージック・アワードの場で、米シャーロッツビルでの白人至上主義者による集会を強く非難しており、ティトはそんなパリスの姿勢を亡きマイケルもとても誇りに思っていることだろうとザ・サン紙に話した。「あの子は人生というものを理解し始めたところなんだ。そしてそこに違いを埋める機会を持っている。僕の弟はそれをとても誇りに思っているはずさ」

ほかに20歳の長男プリンスもいるマイケルだが、亡くなってから8年が経った今でもジャクソン一家にとってインスピレーションの源となっているそうで、ティトはBANGショービズに対し「マイケルがいないことは今でもとても惜しまれるし、家族はとてもさみしく思っているよ。マイケルは忘れられることのない人物なんだ」「彼はとても特別でクリエイティブな人だった。純粋な愛情と正直さを持っていたんだ。それを考えるだけでも僕達にやる気を与え、愛と平和のメッセージを打ち出してくれるよ」とその胸中を明かした。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop