スティーヴ・アオキ、リンキン・パークのチェスター・ベニントン追悼盤リミックスをリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スティーヴ・アオキがリンキン・パークと共に故チェスター・ベニントンに捧げる『ダーカー・ザン・ザ・ライト・ザット・ネヴァー・ブリーズ』というタイトルのリミックス盤を発表した。7月に41歳の若さで自ら命を絶ったチェスターの死をいまだに乗り越えられずにいるというスティーヴは、チェスターへの追悼として2015年にリンキン・パークとコラボした『ダーカー・ザン・ブラッド』『ア・ライト・ザット・ネヴァー・カムズ』の2曲を合せた特別版をリリースすることにしたという。

今回のリミックス盤をツイッターで発表したスティーヴは「この2曲で彼と一緒に仕事が出来たことをこれ以上ないほど誇りに思うだけでなく、1人の友人として彼を知ることが出来てとても感動している」と綴った。

今回のリミックス盤からの全収益はチェスターとリンキン・パークのメンバーによって創設されたチャリティ団体ミュージック・フォー・リリーフのワン・モア・ライト基金へと寄付される。

スティーヴは「美しき人類」と表現するチェスターへの想いをインスタグラムで長々と綴っており、その中でチェスターが自分の感情を表現することが出来ずに苦しむ多くの人々を助けたと称賛している。「今回の悲劇には未だにひどく心を痛めている。彼がもう戻ってこないんだと思うのは難しいよ。チェスターは、リンキン・パークを通じて痛みと感情をむき出しにし、多くの人達の人生に触れたかけがえのない人物だった」「彼は世界中にいる同じような感情を抱えた多くの人たちを助け、1人ではないと感じさせた。人生とは厳しいこともある。他にも同じ痛みを経験している人がいると知るほど、慰めとなることはないんだ」「チェスターは美しき人類だった。俺たちの交わした会話や、スタジオやステージ、そして生活の中で一緒に過ごした時を忘れることはないよ。今俺たちの心と頭にチェスターがいる」「彼のインスピレーションや情熱を生かし続け、リンキン・パークを盛大にかけよう。歌詞を大声で叫ぼう。この瞬間を思いっきり生きるんだ。親愛なる友人よ、君がいなくて寂しいよ。君は俺たちの心と思いに永遠にいるから。チェスターよ、永遠に」

ミュージック・フォー・リリーフのワン・モア・ライト基金へはhttp://bit.ly/2wOZbAaからも寄付できる。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop