レディー・ガガが音楽活動を休業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レディー・ガガが音楽活動を休業することを発表した。

ガガは業界から完全に降りるというわけではないものの、自分にはオフの期間が必要だとハリウッドレポーターに明かしている。「休憩を取るわ。創作活動をやめるってわけじゃないの。行き詰っているっていうわけでもないわ。皆を楽しませ幸せにすることが私の人生で最も大事なことよ」「少しペースを落としたいの。癒しのためにもね」

しかしガガは自身の新作ドキュメンタリー番組のリリースに興奮を隠せないでもいて「過去10年の私の遺産の保険といったものかしら。私は素晴らしい人々に囲まれていてるわ」と明かしている。同番組では慢性の体の痛みについても言及していて「大丈夫よ。。。大変だけど、解放感も同時にあるわ。私の中で痛みっていうのは歌うためのマイクみたいなものだって信じてるところがあるの。痛みは私がそれを何かに変えていかない限り、痛みであり続けるって」と続けた。

また、同番組を監督したクリス・モーカーベルは撮影中のガガについてこのように語った。「あれだけの痛みを抱えるって通常の人間が耐えられるレベルじゃないよ。彼女の抱える痛みに自分は無力だってなって、撮影どころじゃなくなったんだ」「でもやっぱりカメラを回し続けなきゃって思ったんだ。ガガは他にもこのような慢性の痛みに苦しんでいる人々がいるってことに意識的なんだ。自分自身がその痛みにどう向きあっていくのかも定かでないのにね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop