サム・スミス、慈善コンサート開催を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サム・スミスがチャリティー団体ウォー・チャルドのためにミニツアーの決行を発表した。

サムは復帰シングルとなる『トゥー・グッド・アット・グッドバイズ』をリリースしたばかりだが、今月末にはロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドン、ベルリンでパフォーマンスを行う予定で、同公演が待ちきれないとツイートしている。同ツイートにはサムのHPへのリンク先が貼られ、チケットが抽選により提供され、全ての利益は同チャリティー団体へと寄付されることが説明されている。「デビューアルバム『イン・ザ・ロンリー・アワー』の世界的成功に続き、ついに『トゥー・グッド・アット・グッドバイズ』を引っさげ戻ってきたサム・スミス。唯一無二のボーカルを駆使した魂揺さぶられる感動的な作品」「長きに渡ってコラボしてきたジミー・ネイプスと音楽プロダクションデュオのスターゲイトを迎え、サムの新境地が開かれます。ジェームズ・ボンドのテーマ『ライティング・オン・ザ・ウォール』から2年越し初の新曲」「サムの復帰を祝福してロンドンでライブが行われ、すべての利益はチャリティー団体ウォー・チャイルドへと寄付されます」

また、サムは今年14曲入りのニューアルバムのリリースを予定していると明かし、その前座として同新曲及び今回のミニツアーでファンの心をつかむ目論見のようだ。

「新曲『トゥー・グッド・アット・グッドバイズ』をファンのみんなには最初に聴いてもらいたいと思っている。僕がこれから届けるストーリーの序章といったものだよ」「でもニューアルバムを早く聴いて欲しい。前回よりももっと私的なものだ。14曲入りのね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop