キース・アーバン、復刻版『アメリカン・アイドル』出演を否定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キース・アーバンは復刻版『アメリカン・アイドル』に出演しないようだ。2016年に番組終了を迎えるまで4年間に渡って同番組で審査員を務めていたキースだが、ABC局に舞台を変えて再開されるにあたって、ジェニファー・ロペス、ハリー・コニック・ジュニア、ランディ・ジャクソン、マライア・キャリー、ニッキー・ミナージュ、ポーラ・アブドゥル、サイモン・コーウェルら過去の審査員が司会のライアン・シークレストと共に番組に復帰することはないとUsウィークリー誌に話した。

現在のところ、ケイティ・ペリーが審査員を務めることが発表されており、ルーク・ブライアンやライオネル・リッチーらの参加も囁かれている。

2500万ドル(約27億円)という巨額で出演契約を交わしたケイティは5月の発表時、同人気オーディション番組に出演できることは誇りであるとその感激の胸中を明かしていた。当時出されたコメントには「本物の個性と本物のストーリーとともにすばらしい才能を持った人々の夢を叶えるという『アメリカン・アイドル』の伝統を復活させる1番目の審査員になることが光栄であり楽しみです。私はいつも新しい音楽を聴いていて、ダイヤモンドの原石を見つけるのが大好きなんです。私のレーベルの若いアーティストを指南したり、私のツアーに新しいアーティストに注目を浴びさせたり、音楽にお返しがしたいと思っています」と綴られている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop