『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』続編にロケットの生い立ちの話!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェームズ・ガン監督が次回作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーVol.3』に同シリーズの人気キャラクター、ロケット・ラクーンの生い立ちの話を盛り込むことを示唆したそうだ。ロケットは同シリーズ1作目の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』から出演しており、ブラッドリー・クーパーが声優を務めている。そんなロケットについてガン監督は、先週アメリカで開催されたハズコン(HASCON)にて、次回作では彼の過去について触れると発言していた。

「ロケットの過去についてもっと描く必要があると思うんだ。原作コミックとは少し違ったかたちになるよ。彼がどこから来たのかはもう明らかになっているからね、原作よりもっと恐ろしいストーリーになるかな。僕らはさらに彼のことを知ることになるよ」

同キャラクターは漫画家のビル・マントロとアーティストのキース・ギフェンによってつくられ、1976年の『マーベル・プレビュー』第7巻で初登場を果たした。また、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズの主要キャラクターたちは、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』にも出演することが決定しており、同映画でアベンジャーズのメンバーと協力して宿敵サノスとの戦いに挑む。

ガンは最近ファンに対して、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーVol.3』にはマーベルシリーズの今後の展開においてキーパーソンとなる人物が登場することも明かしていた。

そのキャラクターがノヴァの名で知られるリチャード・ライダーかとの質問に対して、ガンはこう答えている。「ああ、その通りだよ。ノヴァをついに登場させるんだ。『アベンジャーズ』シリーズの次回2作品の後に取り掛かることになるけどね。今後のマーベルの10年、20年を運命づける内容になると思うよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop