マイケル・ダグラスとキャサリン・ゼタ=ジョーンズの娘が女優志望?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイケル・ダグラスとキャサリン・ゼタ=ジョーンズの14歳の娘キャリスが両親と同じ道を歩もうとしているようだ。マイケルとの間に息子ディランも持つキャサリンは、最近ニューヨーク・コレクションにも姿を見せた娘が芸能界に強い興味を持っていることを明かした。

「あの子はこの業界にすごく入りたがっているの」「娘は素晴らしい女優だし、歌もピアノも上手なんだけど、ファッションが大好きなの」とキャサリンは語る。

そんな娘に対してハリウッドという世界でやっていくためのアドバイスを既にしているというキャサリンはE!ニュースに「あの子は自分のキャリアに対してとても真剣よ」「医者という選択肢はいつも出てくるんだけど、演技の道に情熱を持っているの。私は子供たちにこの業界は最近幅広いし、批判されることを承知で進まないとダメだって教えてきたわ」と続けた。

しかしキャサリンは以前、子供たちが演技の道に進むとすれば、巨大なプレッシャーに直面することになるだろうと語っていた。「あの子たちにとっては厳しい道になると分かっているわ。だっておじいちゃんのカーク(ダグラス)にはじまり、私にマイケルでしょ。でも血筋的にその道が大好きで、すごく上手なの!毎年夏にはクラブで3本くらいミュージカルや演劇をやっているんだけど、すごく大好きなのよ」「私はこの業界で素晴らしい人生を歩んできたから、子供たちもそれを望んでいるの。厳しさや、成功率なんかも理解しているけどね。私はただあの子たちには才能とやる気もあると思うの」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop