リタ・オラ、MTVヨーロッパ・ミュージック・アワードで司会へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リタ・オラが11月に行われるMTVヨーロッパ・ミュージック・アワード(EMAs)で司会を務める。リタは11月12日にロンドンのウェンブリー・アリーナで開かれる同式典でホストを務めることになり、地元での大役を楽しみにしているようだ。

「私の故郷で今年のMTVヨーロッパ・ミュージック・アワードのホストを務めることに感激しているわ」「私にとって初のEMAsだった2012年のフランクフルトがどれだけ楽しかったかを今でも覚えてる。私が『R.I.P.』を披露した時ね。あのステージに戻って司会とパフォーマンスをすることが待ちきれないわ。11月12日にこのグローバルなステージで世界が衝突するの。準備していてね」と心意気を語っている。

そしてリタは今年にロンドン市内で起こったテロリストによる襲撃を受け、このステージを音楽ファン達の心に残るものにしたいと強く願っているようで、ザ・ハリウッド・レポーターとのインタビューで「私はこのショーが何のためにあるかということにただ焦点を置きたいの」「スピリットと希望というものを音楽の祭典に取り込もうと思っているわ。特にロンドンだしね。今年は色々なことが起こったし、自分の故郷をただ誇りに思うことってとても大事なことでしょ」と語った。

テレビやデジタルなどMTVチャンネルを通じて世界で放送されるEMAsがロンドンで開かれるのは1996年以来となる。

ほかの出演アーティストやプレゼンターについては今後発表される予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop