キム・カーダシアン・ウェスト、第3子誕生予定であることをついに認める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キム・カーダシアン・ウェスト(36)が代理母を通じてカニエ・ウェストとの間に第3子が誕生予定であることを認めた。

既にカニエとの間に4歳になる娘のノースちゃん、1歳9ヶ月のセイント君がいるキムだが、これまでの妊娠中、深刻な合併症を患ったことから今回は代理母出産となるようだという報道を今回本人が裏付けるかたちとなった。

『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』の来シーズンのプロモーション動画で、キムが妹のクロエに「私たちに赤ちゃんが生まれるのよ」と報告している姿が映された。

以前キムは代理母が妊娠しているという噂について、時期が来たら発表するつもりだとしていた。

「いろいろな噂を目にするけど、何も認めていないわ。準備ができたら言うつもりよ。何ていうか本当にプライバシーを侵害されている気がする。私が聞いたことのないことだって含まれているし。とにかく私たちは何も発表していないから。それだけよ」

過去の報道によると2人は代理母に対し4万5000ドル(約500万円)を10回払いで支払うほか、もし複数の出産となった場合には子ども1人につき5000ドル(約55万円)を追加で支払う予定であり、さらには、出産過程で代理母が生殖器官を失った場合には、代理母は更に4000ドル(約44万円)を受け取ることになるという。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop