マドンナ、お尻のケアにも余念がない!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マドンナ(59)はソフトなお尻に憧れているそうだ。

日本を皮切りにアメリカでも現在ローンチされたスキンケアブランドMDNAの設立者でもあるマドンナだが、パートナーに同ブランドのクレイマスクをお尻に塗ってもらうよう呼びかけている。

「自分のお尻にクレイマスクを使っているの」「ソフトなお尻に憧れない?たくさんの人にお尻って見られるじゃない?お尻って見る人がいるものよ。少なくとも1人はね!」「パートナーに取り除いてもらえばいいじゃない。クレイマスクをお尻にのっけた後、うつぶせになって彼に足を揉んでもらったりしながら7分から10分ほどよ。それでマグネティックヘッドで除去してもらえばいいわけ」

一方、マドンナは常にスキンケアの重要さを実感していたようで、ニューヨークでの貧しい時代のエピソードを同地の記者らに語った。「マンハッタンのロウアー・イースト・サイドに住んでいた頃、お金もあまりなくて、大通りの間にあるサロンに行ったらある女の子がいたの。その子ヘロイン中毒だったんだけど、フェイシャルエステの技術がすごかった。彼女のところに行って、取引したものだわ」「肌は本当に重要。若い頃からずっとケアしてたわ」

また長年にわたる自身の美の変遷についてマドンナはこう続けた。「ずっと眉には興味がなかったわ」「流行っていてもリボンをつけることにも興味がなかった。でも肌はいつだってさらされているものだわ。写真集『SEX』でも実際に日焼けなんかしなかった。フランソワ・ナーズのメイクで人工的に作っていただけ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop