『ゲーム・オブ・スローンズ』ローズ・レスリーの幼少期の家がAirbnbに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ゲーム・オブ・スローンズ』で有名なローズ・レスリーの幼少期の家がAirbnbに掲載され、宿泊可能だという。

Elle.comによるとローズはスコットランド、アバディーンにあるリクリーヘッド城で育った生粋の貴族で、母キャンディーさんによってこのローズの旧家がAirbnbに掲載されたそうだ。

7つのバスルーム付きの寝室、14の浴槽付きシャワールーム、中世風の暖炉に近代的なキッチンを備えるこの豪邸は同サイトで5つ星を獲得しており、1泊600ポンド(約9万円)から宿泊可能で、誕生日パーティーや家族の集まりなどさまざまな用途に「最適の場所」と評価されている。

同サイトの紹介文には、「リクリーヘッド城は親戚の集まり、誕生日パーティーなどにうってつけの場所です。静かで人里離れたところにあり、豊かに茂った木々や芝に囲まれた美しい緑地に位置します。食事のできるバーベキュー場もあり、過去には小さな結婚式が催されたこともあります」「また、中世に作られた暖炉を前に憩いの時を過ごせる大きな応接室もあります。ダイニングには16人が着席でき、キッチンには現代的な器具もそろっています。7つのバスルーム付き寝室は美しく、その内いくつかは小塔内に位置しています。リビングルームは暖炉と大きなフラットスクリーンテレビ付きです(スカイTVのフルパッケージにインターネット、wifi完備)」という説明がついているようだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop