クリスティ・ブリンクリー、美容整形の公表を心配していた!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスティ・ブリンクリー(63)が美容整形を認めることでファンから自身が「嘘にまみれたニセモノ」とみなされるのではないかと慄いていたという。

クリスティは自身に正直な方がいいという考えから、しわ伸ばし治療薬ゼオミンを注入したり、首のたるみにウルセラピーを施したりしたことを公にしていたが、その発表が人々に与える影響を考えると内心穏やかではなかったとしてピープルにこう打ち明けた。「みんなが私のことをいんちきなまがいものと考えるんじゃないかしらと思ったわ。でも正直に『これが私なの』って言ったほうがいいでしょ」「(ゼオミンは)とても怖かった。でももう大丈夫。まだ眉が動くし、以前と同じ変な顔だって作れるもの」

またクリスティは、女性は人生の中で少しでも若く見せようと「多少なりとも何か」を施したい時期が必ずあるのだとしてこう続けた。「私ももうすぐ64よ。人生の中でちょっと何かしたいわねっていう時期があるの。鏡越しに、心の中と同じくらいに良い外見が欲しいって思うものなのよ。そしてその施しでより自信がついて、外見が未だエネルギーに満ちている精神に追いついたって感じることができるならそれに超したことはないわ」

また、クリスティは娘2人にも自身の美容整形を公にするべきだと勧められたのだという。

「子供たちに『その公表が人々のためになると思うのならするべきだ』って言われたの」「自分がのし上がるために他人を蹴落とそうとする人々はいつの時代にもいるわ。一方で女性をサポートしようとする女性がいるのも事実。私の気分がよくなって仕事にもプラスになったちょっとしたことなんだから、公にしないのは自分勝手すぎるわよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop