イドリス・エルバ、『美女と野獣』のオーディションを受けていた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イドリス・エルバ(45)が『美女と野獣』のオーディションを受けていたそうだ。イドリスは1991年のディズニーアニメをリメイクし今年公開された同作のオーディションにテープを送っていたものの、最終的にルーク・エヴァンズが演じたガストン役は獲得できなかったとピープル誌の「ザ・ジェス・ケーグル・インタビュー」に明かした。「僕は本当にミュージカルが大好きなんだ。『美女と野獣』のオーディションも受けたくらいさ。ガストン役のオーディションを受けたんだよ。『やりたい!』って伝えたんだ。だから製作陣はどこかに僕が歌っているテープを持っていると思うよ」

また、同作で主役を務めたエマ・ワトソンは以前、撮影現場で歌うシーンでは自信を失いそうだったと明かしていた。「どれだけ緊張したか伝えられないほどよ。本当に自信を失う危機に直面していたの」「(歌うことは)いつもやっていて、本当に大好きなことなの。だから家族や友達は私にならできるって確信してたけど、実際にやってみると、私の声はちゃんと出ているかしらって心配になったわ」「でも楽しかった。人生で毎日でもミュージカルをしたいくらい。『美女と野獣』の曲を聞くだけで心が溶けちゃうの」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop