レイチェル・ビルソン、空き巣に入られる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レイチェル・ビルソンが6日(金)昼ごろ、空き巣被害に遭ったようだ。レイチェルはロサンゼルス内の自宅から4万(約450万円)から5万ドル(約560万円)相当の靴、ハンドバッグ、ジュエリーなどを盗まれたという。

午前10時頃に自宅を出たレイチェルは4時間後の午後2時に自宅に戻ったところ、家中が荒らされ所有物が数点が盗まれていることを発見したと報じられている。

警察がTMZに語ったところによると、レイチェルが外出している間に鍵がかけられていなかった恐れのあるガラスの引き戸から空き巣が入った可能性があるとみているという。

レイチェルの他にもアラニス・モリセット、マイケル・B・ジョーダン、ケンダル・ジェンナー、ジェイソン・デルーロ、スコット・ディシックなどの有名人が今年空き巣被害に遭っている。

そんなレイチェルは9月に10年間交際していたヘイデン・クリステンセンと破局したと報じられていたところだった。ある関係者は当時「レイチェルはロサンゼルスに完全に戻って来ていて、ヘイデンはトロントにいます。ここ数カ月は不仲でしたね。もう完全に関係は終わっているんです」と語っていた。

ヘイデンとの間に2歳の娘ブライアーちゃんをもうけているレイチェルが家族を増やしたいと話していた矢先の破局報道だった。「もう1人子どもを生むかもしれないわ。ちゃんと計画しているわけじゃないけど。今は娘の子育てを楽しんでいるところなの。幸せで充実していたいわね」「人生にはイヤなこともあるけど気にしないわ。自分が幸せで、子どもも幸せで、自分の人生における全ての人に健康で幸せでいてほしいものでしょ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop