ジョシュ・ギャッド、『アナ雪』共演者クリスティン・ベルの英雄的行為を称賛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスティン・ベルが『アナと雪の女王』の共演者であるジョシュ・ギャッドの家族をハリケーン被害から救ったそうだ。同人気ディズニー映画でアナの声を演じたクリスティンは、先月ハリケーン・イルマがアメリカを直撃した際、同作でオラフの声を務めたジョシュから連絡を受けた際、避難場所を失ったジョシュの家族全員が安全に過ごせる場所を保障すると約束したという。

ジョシュは当時、クリスティンにディズニーリゾートホテル内に家族が滞在できる部屋があるかを電話で尋ねたところ、クリスティンはたとえ自分がジョシュ一家と部屋をシェアしなければならなくなったとしても、彼の家族の安全を保障すると答えたそうだ。

10日(火)に『エレンの部屋』に出演した際ジョシュは「僕の家族はみんな南フロリダに住んでいるんだ。だから僕はタンパにある兄の元へ家族を送ったんだよ。でもハリケーンが西に進んでタンパに向かったものだから、家族が行く場所がなくなってしまった。すぐに知ってる人全員に電話をかけ始めたんだ」「そしたら、『待てよ、クリスティンはディズニーワールドで映画を撮影してるんだった』と思って、彼女に電話をして、僕の家族のために部屋を見つけてくれないかって頼んだんだ。だって僕はディズニー関係者の連絡先を全然知らなかったからね!彼女はすぐに『もしあなたの家族全員が私の部屋に泊まることになったとしても、皆の安全は絶対に保障するわ』って言ってくれたんだ」と語った。

このクリスティンによる心温まる行為は、ジョシュがインスタグラムにクリスティンを賞賛するコメントをしたことで明らかになっていた。

ジョシュは当時の投稿で「クリスティン・ベルがハリケーン・イルマから僕の家族を救ってくれた。フロリダで行く場所がなくなった時、彼女は僕の家族と兄の家族のためにオーランドの彼女のホテルに部屋を用意してくれた。ありがとうクリスティン。君は神の使いだよ」とコメントしている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop