ガル・ガドット、新作スリラー『ルーイン』で主演を務める?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガル・ガドット(32)が復讐劇を描く新作スリラー『ルーイン』で主演を務める可能性が出てきた。8月に日本公開となった『ワンダーウーマン』以来複数のオファーを受けているガルだが、今回ジャスティン・カーゼルがメガホンを取る同新作の主演として白羽の矢が立っているようだ。

同作は元ナチスの隊長が第二次世界大戦後のドイツを旅して、自身の下で働いていたナチス暗殺部隊のメンバーらの居場所を突き止め、自身の犯した罪を償うというストーリーだが、その他の詳細は明らかにされていない。

ライアン・ファーポとマット・ファーポが共に同作の脚本を手掛けているが、エンパイア誌によると配役はされておらず、いつ製作が開始されるかも分かっていないという。

しかしガルは、マックス・ランディスが脚本を執筆したブラッドリー・クーパー主演の新作スリラー作品『ディーパー』からもオファーを受けて出演交渉中だと報じられているため、上層部はガル獲得に向けて早急に動く必要がありそうだ。

さらに、『ワンダーウーマン』の監督を務めたパティ・ジェンキンスが先月、DCコミックスのチーフ・クリエイティブ・オフィサーであるジェフ・ジョンズとデイヴ・カラーハンらと共に続編製作の契約を結んだことで、ガルの続投も望まれるとみられている。続編の内容は明かされていないものの、ジェンキンスは最近、第一次世界大戦中のヨーロッパを舞台とした前作から時代を超えて、続編では冷戦下のアメリカを舞台とするとコメントしていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop