ジョシュ・ブローリン、妻の助言で『デッドプール2』出演を決めた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョシュ・ブローリン(49)は妻の助言で新作『デッドプール2』に出演することを決めたそうだ。2016年公開『デッドプール』の続編で、ライアン・レイノルズが主演を続投する同作で悪役ケーブルとして出演しているジョシュだが、他の作品『ジョージ・アンド・タミー』に出演するつもりだったものの、妻のキャスリン・ボイドに脚本を読むよう勧められて読んだことですぐに考えを変えたのだとコライダーとのインタビューで話した。「『ジョージ・アンド・タミー』に出演するつもりだったんだけど、その話はなくなったんだ。それでその直後に『デッドプール2』の話が来て、興味があるか聞かれたんだよ」「でも僕は『ジョージ・アンド・タミー』に出たかった。でもありがたいことに、妻がとにかく『デッドプール2』の脚本を読むようにって言ってきたんだ。それで寝そべって携帯で脚本を読んでいたんだけど、関係性があって、ものすごく面白かったんだよ」「ファンにすごく支持されていたなんて知らなかった。とても特別な作品に仕上げているよ」

デヴィッド・リーチが監督を務めた『デッドプール2』は来年公開に向けて撮影を終えたところだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop