ロビー・ウィリアムス、先月のツアーキャンセルの理由とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロビー・ウィリアムス(43)が、先月のヨーロッパツアー、ラスト数日をキャンセルした件について詳細を明らかにした。それによるとロビーは「非常に不安にさせる」検査結果を受けて病院に直行したようで、「ザ・ヘヴィー・エンタテインメント・ショー・ツアー」のロシア公演をキャンセルせざるを得なかったようだ。

その詳細について自身のYouTubeアカウントに投稿された動画の中でロビーはこう説明した。「すこぶる元気だよ。今は回復している最中で5週間目。ツアーのラストで病気にかかってしまったんだ。凄くうまくいっていたのに残念。観客も最高だった。体調は大丈夫だったし、バンドも素晴らしかった。僕は戦士だしツアーをやり遂げなければならなかった。モスクワそしてサンクトペテルブルグに向かう必要があったんだ」「そこに検査結果がやってきてね。それはとても不安になるようなもので、集中治療室(ICU)に行く羽目になった。だからツアーをキャンセルしなくてはいけなかったんだ。1998年以来だよ。だから僕の公演中止の際にはいつもできない理由がちゃんとあるのさ。ロシアのみんな愛しているよ。また行って、パーティーをするのが待ち遠しい。思いやりや祈り、そして励ましの言葉をたくさん頂いて感謝しているよ」

また、現在ロビーは「ほぼ」全快であるとして、「今はヴィーガン生活で毎日ピラティスにヨガをしている。でも日曜日にはバカでかいバーガーも平らげるから、完全に健康オタクなわけじゃないんだよ。ジャンクなものを食べているからね。けど自分をケアしているよ。仕事に戻るのが待ちきれない。100%全快とはいかないけど、あと少し。かつてない程良くなるからね」と軽快にコメントした。。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop