クリーン・バンディット、ハリー・スタイルズに曲を提供?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリーン・バンディットがハリー・スタイルズのために曲を作ったという。2014年のデビューアルバム『ニュー・アイズ』以来となるニューアルバムの制作に2年以上を費やしている同グループは、ワン・ダイレクションのメンバーとしても知られるハリーを念頭に曲を作ってあるのだという。

メンバーのグレース・チャトーはデイリー・スター紙にこう明かす。「すごくハリー・スタイルズに歌って欲しい曲があるの。彼と連絡を取ろうとしているんだけど、すごく難しいわ」

同グループはこれまでジェス・グリンやルイーザ・ジョンソン、ザラ・ラーソンやアン・マリーなど数々の女性アーティストとコラボを果たしてきており、ニューシングル『アイ・ミス・ユー』にはジュリア・マイケルズが参加している。しかしグレースは男性シンガーを起用した楽曲もレコーディングしてあるとして、「私達には男性シンガーとの曲も何曲かあるのよ。ローズとの曲やエルトン・ジョン、それにガラントとの曲とかね」「アルバムの発売前にこの男性たちとの曲をリリースできるようにするつもりよ。だってその曲は全て雰囲気がもっと違うから」と説明した。

その一方で、ジャスティン・ビーバーの2015年のヒット曲『ソーリー』を執筆したジュリアとの新曲でのコラボには感激したそうで「あの曲は私の最もお気に入りの曲の1つよ。最初に聴いた時は信じられない気分だったし、ずっと毎日のように聴いていたの。彼女と一緒に仕事できたことは本当に光栄だったわ」と話した。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop