ザッカリー・リーヴァイ、新作映画『シャザム!』でシャザム役に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメディドラマ『CHUCK/チャック』でお馴染みのザッカリー・リーヴァイが、新作映画『シャザム!』で主人公シャザムを演じることがわかった。

同キャラクターはDCエクステンデッド・ユニバースの人気キャラクターの1人で、キャプテン・マーベルという名でも知られている。

今回のキャスティングについてザッカリーは、自身のインスタグラムで次のようにコメントしている。「キャプテン・マーベルを演じられるなんて、光栄であると同時にとても身の引き締まる思いだよ」「今回このような機会を与えてもらったことはもちろん、世界中からの溢れんばかりの愛とサポートに対して感謝の気持ちでいっぱいだ。もし許されるのであれば、これからの時間を全てジムに使いたいね」

同キャラクターは1939年にアーティストのC.C.ベックとライターのビル・パーカーによって作られ、翌年に刊行された『ウィズ・コミックス』第2号に初登場した。主人公ビリー・バットソンが普段の少年の姿から、「シャザム」と呼ばれる大人のスーパーヒーローに変身する物語で、「シャザム」のキャラクター名は、6人の神々:ソロモン(S)、ヘラクレス(H)、アトラス(A)、ゼウス(Z)、アキレス(A)、マーキュリー(M)の名前の頭文字に由来する。

また、悪役にはドウェイン・ジョンソン演じるブラック・アダムが登場し、スクリーンで熾烈な戦いを繰り広げることとなるようだ。

ドウェインは最近DCコミックスからシャザムとブラック・アダム両役のオファーを受けたことを認め、後者を選択、その理由として同キャラクターの持つバックグラウンドの深さに惹かれたからだと明かしていた。

「シャザム(ビリー・バットソン)へのリスペクトを込めて最終的にこの役を引き受けることにしたよ。俺はこの神話が大好きなんだ。ほとんど10年間ずっとね。何がブラック・アダム選択の決め手になったかって?」「ブラック・アダムは俺にとって本質的により興味を引くキャラクターだったんだ。アダムが奴隷から真の悪党になるまでの経緯を深く掘り下げられると思うんだ」

同作のメガホンを取るのはデヴィッド・F・サンドバーグで、脚本はヘンリー・ガイデンとダーレン・レムケが担当する予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop