タイリース・ギブソン、ドウェイン・ジョンソンとの共演拒否!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイリース・ギブソン(38)が、もしドウェイン・ジョンソン(45)が「ワイルド・スピード」シリーズ新作第9弾で続投するならば、自分は出演しないと発言している。同シリーズでローマン・ピアース役を演じているタイリースは最近、ドウェインとジェイソン・ステイサムが出演するスピンオフ作品が2019年公開となったことで第9弾が2020年公開へと遅れたとして、それがドウェインの責任だと非難していた。

2016年にドウェインがSNS上で同シリーズの出演者の名前を明かさずに共演者を非難して以来、2人は不仲となっていると見られており、タイリースは製作上層部が新作にドウェイン演じるルーク・ホブス役を登場させるなら、自身は同作から降板すると発表した。

今回タイリースはインスタグラムにドウェインとヴィン・ディーゼルとのスリーショット写真を投稿してこうコメントしている。「やあ、世界の皆さん。忠実なファンの方々と俺たち『ワイルド・スピード』ユニバースの愛すべきメンバー達。こんなことを言って悪いけど、ドウェインが9作目に出演するとしたらローマン・ピアースの登場はなしだ」

先日にはタイリースが、ドウェインがスピンオフ作品のために同シリーズを捨てたと非難するコメントをドウェインの投稿したインスタグラムの写真に書き込んでいた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop