ケイト・ウィンスレット、ハリウッド映画賞でアリソン・ジャニーにキス!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケイト・ウィンスレットがハリウッド映画賞の受賞スピーチでアリソン・ジャニーにキスをした。5日(日)にビバリーヒルトン・ホテルで開かれた式典にて、ウディ・アレン監督最新作『ワンダー・ホイール』での演技が評価され主演女優賞を受賞したケイトは、『アイ、トーニャ』で助演女優女優賞を受賞したアリソンを称賛した後、壇上に呼び出し唇にキスをした。

同式典ではボストンマラソン爆弾テロ事件の被害者であるジェフ・バウマンを演じたジェイク・ギレンホールが主演男優賞に輝き、受賞スピーチの中でジェフ本人を英雄と称賛した。「現実の世界でジェフが持っていたような勇気を僕が持ってたかは分かりません。でもジェフが見出したような強さを僕達誰もが自分に見出すことが出来るなら、ヒーローなど必要ないのかもしれないということこのことで感じさせられました」

また、功労賞にはゲイリー・オールドマンが選出される中、助演女優賞には『スリー・ビルボード』のサム・ロックウェル、監督賞は『ダーケスト・アワー』のジョー・ライトが輝いた。そしてアンサンブル演技賞には『マッドバウンド 哀しき友情』が選ばれ、その出演者であるメアリー・J.ブライジと『コール・ミー・バイ・ユア・ネーム』のティモシー・シャラメがブレイクアウト賞を受賞している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop