マライア・キャリーに訴訟の危機!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マライア・キャリーの元警備会社の社長がセクハラ行為及び白人至上主義者というレッテルを貼られたとしてマライアを訴える構えを見せているという。その男性マイケル・アネロの弁護士によって用意されたという今回の訴訟に関する下書き文書によると、2015年6月から2017年5月までマライアの元で働いたものの221,329.51ドル(約2500万円)が未払いで、さらに2年の契約延長が約束されていたようだ。

TMZの報道によると、同文書には他にもアネロがマライアによって定期的に辱められ、自分の同僚のことをナチス呼ばわりしたり、レイシズムを信奉するスキンヘッド、クー・クラックス・クランの一員など白人至上主義者になぞらえるなどしていたとして、本人はいつも黒人に囲まれていたいと発言していたという内容が記載されているという。

そしてアネロはマライアがセクハラ行為も働いていたと同文書で続けている。

その内容というのもサンルーカス岬への旅の最中、マライアから荷物を部屋へ運び入れるよう頼まれ、アネロが部屋に入るとマライアがオープンシースルーのネグリジェ姿であったという。部屋から出ようとしたアネロにマライアは仕事を完遂しろと命令したものの、何とか体の接触を持たずにその場を去ったとされている。

マライア側代表は今週アネロの弁護士とコンタクトを取ったと説明し、未納金の支払いに同意したものの、その額にアネロは納得していないとしている。

両者は現在、和解交渉を進めている最中と見られており訴訟は一時保留となっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop