モニカ・ベルッチ、『007』第25弾でボンドガールを続投へ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モニカ・ベルッチ(53)が「007」シリーズ第25弾でボンドガールを続投する可能性があることを示唆した。モニカは2015年公開の『007 スペクター』でダニエル・クレイグ演じるジェームズ・ボンドの相手役ルチア・スキアラを演じており、先日にはボンド役を続投するダニエルからもモニカ続投のラブコールがかかっていた。

モニカは7日(火)、ローマでヴィルナ・リージ功労賞を受け取るために公の場に姿を現したが、メディアから「007」最新作について尋ねられた際、「何も言えない」とだけコメントして、可能性がゼロではないことを匂わせた。

モニカはイタリア人暗殺者の未亡人役として前作に出演したが、シーンがさほど多くなかったこともあり、ファンからはボンドガールとしての姿をもっと見たいと熱望されていた。

当時、51歳としてボンドガールの最高年齢記録を打ち出していたモニカだが、2019年11月公開予定の最新作に登場することになれば、その自らの記録をさらに更新することになる。

一方でダニエルは最近になってボンド役をあと1度だけ演じることに決めたと発表しており、13年間続投という記録により、ロジャー・ムーアが保持していたボンド最長記録を上回ることになっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop