死後の世界がないと科学者が証明?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ある科学者が物理的法則に反することから死後の世界は存在しないと断言した。物理学者のショーン・キャロルは人が死んだ後、様々な原子や電子から構成される意識が身体から離れることは不可能であるため、死後の世界が存在することはあり得ないとの考えを示した。

カリフォルニア工科大学で教授を務めるキャロル氏は、「我々の体が死に至った後、意識の形態の一部が存続するという主張には、克服できない障害が存在します。それは日常生活の中で完全に理解されている物理的法則です」「この法則において、我々の脳に保管されていた情報が死後にも持続されるということはあり得ないのです」と語っている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop