ジェシカ・チャステイン、『IT/イット』の続編に出演希望

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェシカ・チャステイン(40)は『IT/イット "それ"が見えたら、終わり。』の続編に出演したいそうだ。ホラー作品を手掛けるアンディ・ムスキエティ監督のデビュー作『MAMA』への出演歴があるジェシカは、ムスキエティがメガホンを取った『IT/イット "それ"が見えたら、終わり。』の続編で大人になったベバリー役の候補として以前監督本人からジェシカの名前が挙げられていた。

日本では今月3日に公開となった同作の続編におけるキャスティングについては何も発表されていないものの、ジェシカは出演を望んでいるとスクリーンラントに話している。「アンディとバーバラ(・ムスキエティ)は大好きよ。私はアンディの監督デビュー作『MAMA』に出たことがあるの」「バーバラは私の親友のうちの一人だし。どうなるかしらね。もちろん私としては出演したいわ。2人は友達だもの。まるで家族のような関係なのよ。だから2人が手掛けるものなら何でも参加したわ。実現するといいわね」

すでに海外では大ヒット中のスティーブン・キング原作の同ホラー映画では、子供たちが恐ろしいピエロに立ち向かう姿が描かれる。

2019年9月に公開予定となっている続編では、当初から大人視点で描かれる物語を予定しており、同作に登場した子ども達が街に戻り再びペニーワイズと出会うところからストーリーは展開するという。

ビル・スカルスガルドがペニーワイズを演じている『IT/イット "それ"が見えたら、終わり。』は『デッドプール』や『LOGAN/ローガン』と並び内容の過激さからR指定を受けている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop