ジェイソン・モモア、未払いの税金1600万円以上!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェイソン・モモア(38)に未払いの税金が10万ドル(約1130万円)以上あると報道されている。ザ・ブラストによると、今月23日に日本公開となる『ジャスティス・リーグ』でアクアマンを演じているジェイソンは、2015年に得た収入から13万8378ドル88セント(約1600万円)の脱税があるとして連邦のタックス・リーエン(租税先取特権)を発行されたという。

もし脱税分を支払わなければ、アメリカ合衆国内国歳入庁がジェイソンの財産や資産を押さえる動きに出ると警告を受けているようだ。

そんなジェイソンだが、先月には12年間連れ添っているリサ・ボネットと正式に結婚したことが明らかになっていた。

2005年に出会ったジェイソンとリサは交際を続け、2児にも恵まれているが、先月ようやく家族や友人を招待して結婚式を挙げたようで、ジェイソン本人はそれを公にはしたくなかったと語っている。「特に公にするつもりはなかったんだ。なのに誰かがバラしたんだ。誰だか突き止めるよ」「もうリサとは12年一緒なんだ。結婚式は単なる家族の集まりで、俺たちの愛を祝う会だっただけさ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop