エルヴィス・プレスリーとプリシラ・プレスリーの離婚協議書がオークションへ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

故エルヴィス・プレスリーとプリシラ・プレスリー(72)の離婚協議書がオークションにかけられた。1977年に42歳の若さで他界したエルヴィスはプリシラと5年間結婚しており、1972年8月15日に法的に離婚が決定した際の書類が今回出品されたという。

フォックス・ニュースによると、11日(土)にイギリスで行われたオークションで、同書類は2万6000ドル(約290万円)から3万3000ドル(約370万円)の想定金額だとされていたが、6年前に同書類が売却された際には8000ドル(約90万円)以下で買い取られていた。

12ページに及ぶ同書類は「ショービズの歴史における素晴らしい逸品」と表現されており、エルヴィスとプリシラの関係について興味深い詳細が記載されているという。

同書類には、2人が「感情的なストレス」を避けるため財産を分けることに同意していることや、エルヴィスが所有していた1971年のメルセデス・ベンツ、キャデラック・エルドラド、ハーレーダビッドソンなどを手放さなければならないことなどが書かれている。

さらに、2人が所有していたビバリーヒルズ、ロサンゼルス、パームスプリングスの3つの邸宅分の半分をプリシラが受け取ることに加えて、「2人は1967年5月1日にネバダ州ラスベガスで結婚しました。残念な状況やすれ違いが2人の間に生じ、1972年2月23日から別居していました。その結果、結婚を解消するに至ったのです」と記載されている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop