ジョニー・デップ、ロサンゼルスで所有する最後のペントハウスを売却 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョニー・デップがロサンゼルスに持っていた5つ目となる最後のペントハウスを売却した。全ての物件を計1278万ドル(約15億円)で売りに出していたジョニーは、同市にあるイースタン・コロンビア・ビルディング内の同ペントハウスを142万5000ドル(約1億6200万円)で売り払った。5つの物件は別々に売られ、ジョニーは正味総額1088万ドル(約12億円)を手にする結果となった。

この最後のペントハウスはレンガ造りの壁が美しく、ロサンゼルスを一望できるという。

ジョニーは昨年アンバー・ハードと破局して以来物件を売り始め、昨年10月と11月にそれぞれ254万ドル(約2億8900万円)、309万ドル(約3億5100万円)で合計2軒を550万ドル(約6億2500万円)以上で売っていた。

また、ジョニーは1月にはザ・マネージメント・グループに対し違法行為、過失があったとして2500万ドル(約28億円)を求め起訴したが、同社からはジョニーが月に200万ドル(約2億2700万円)を散財する生活を送っていたとして反訴されている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop