ジジ・ハディッドがヴィクトリアズ・シークレットのショーから降板

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジジ・ハディッド(22)が今年のヴィクトリアズ・シークレットのショーに登場しないことを発表した。

ジジは今年上海で開催される恒例のランウェイを歩かないようで、理由こそ明かしていないものの同ショーのモデル達を影ながらサポートするとしている。

16日(火)、ジジはこうツイートした。「今年中国でのショーに行けなくてがっかりよ。VSファミリーを愛してるわ。心はみんなと一緒だからね。この美しいショーを見るのを楽しみにしている。来年がもう待ちきれないわよ!」

複数の関係者によると、現在は削除されている2月のインスタグラムへの投稿動画で、ジジが仏像の形をしたビスケットを手に持ち、仏陀の顔を真似ているような姿をしていたことが理由となり、中国政府からビザの申請を却下されたことが原因だと言われている。また、ケイト・グリゴリエヴァら一部モデルの入国がすでに拒否されており、アドリアナ・リマも「外交的問題」を理由にビザの発行が保留になっていると言われている。

ジジは今年8月、同ショーに復帰する予定だとしてインスタグラムに「ついについにVSのショーに戻る夢が叶ったわ!!!」と興奮を語っていた。また、同時期には妹のベラ・ハディッド(21)も出演が決まり「とってもワクワクしているわ!私の夢を実現させてくれたチームのみんなありがとう。またこのショーに参加できる機会をもらえてすごく謙虚な気持ちよ」

ベラの他にも今回のショーには、同ブランドのエンジェルであるアレッサンドラ・アンブロジオ、リリー・オルドリッジらが登場することになっている。さらに、昨年10月に恋人ハーマン・ニコリとの間に息子アナカン君を出産しているキャンディス・スワンポールが出産後初のカムバックを果たす予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop