マクドナルドでハッシュポテトを200個も頼んだ男性、飲酒運転がバレて御用!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マクドナルドのドライブスルーで200個ものハッシュポテトを頼んだ男性が、飲酒運転であることが発覚して逮捕されるに至ったという。午前4時過ぎにシドニーにあるドライブスルーを訪れたその男性は最初、チキンナゲットをオーダーしたものの、その時間帯には朝食メニューしか提供していないと言われたため、苛立って敷地内を4周もする奇行を繰り広げたという。

結果的にハッシュポテトを200個もオーダーし、警察が到着した際にもまだ店外でその商品を待っていた男性は、飲酒検知機にかけられ、許容量の3倍にも上るアルコールが検知されたことから逮捕されたそうだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop