ローズ・バーンが第2子を出産

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ローズ・バーン(38)が第2子を出産した。もうすぐ2歳になる息子ロッコ君を持つローズとパートナーのボビー・カナヴェイル(47)との間に、第2子が誕生したことをピープル誌が報じている。

ローズとボビーからはコメントが出されていないため、詳細については明らかになっていないものの、16日(木)に誕生したとみられている。

『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』などで知られるローズは、今年8月に行われたデヴィッド・ジョーンズ誌とのインタビューで第2子を妊娠中であることを明かしていた。実写版『ピーター・ラビット』の撮影現場での様子について、「少し疲れているけど、気分はいいわ」「撮影現場ではみんな優しいの。妊娠中っていつもよりみんなに気にかけてもらえるのが最高よね」と語っていた。

そんなローズはロッコ君が誕生したことで『ピーター・ラビット』への参加を決めたそうで、「子供向け映画をずっとやりたかったの。それで、今自分にも子供がいるんだから、やってみたらいいんじゃないかと思ったのよ」と続けていた。

しかしロッコ君の出産後は育児のたいへんさにより、3カ月も外出できなかったという母親業の辛さを語っていたことから、第2子の誕生によってまたしばらく多忙な生活となりそうだ。当時ローズは「まだ手作繰り状態よ。自宅を3カ月くらい出ていないの。赤ちゃんが一緒だと準備するだけで1時間45分もかかっちゃって、準備が出来た頃には疲れ切っているの。それで、もういいや、帰ろうって気になってしまうのよね」とその状況を説明していた。しかし、その一方で、子供が出来たことで母親という存在に対しての新たな感謝の気持ちが生まれたと明かしていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop